暫定病院滞在で入院不要とされた後の病院再来は多く、しばしば入院に至る
 ・ 重複していた記事の一つを今回の記事に書き換えました。
mTORC1を誘導するGTP分解酵素RagDは腫瘍増殖促進機構の中心的役割を担う
 ・ タイトルを訂正しました(RagDが腫瘍増殖促進で中心的役割を担うという表現に訂正)。
感覚神経の触覚制御マイクロRNA一揃えの減少で痛みを感じやすくなる
 ・ 【備忘録】部分を追記しました。
79324件の記事が見つかりました。
79324 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

病期4または再発したPD-L1陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者をBristol-Myers Squibb(BMS)の抗PD-1薬Opdivo(nivolumab)で初治療するも無増悪生存(PFS)や全生存(OS)の改善が認められなかった第3相試験(CheckMate 026)結果が論文発表されました。 2段落, 234文字

無作為化試験の結果、赤血球凝集素(HA)遺伝子搭載バキュロウイルスベクターが入った細胞に作らせた人工HAを成分とするProtein SciencesのインフルエンザワクチンFlublok Quadrivalentのインフルエンザ発症防御率は卵でインフルエンザウイルスを増やして作る不活化ワクチンを上回りました(インフルエンザ発症率はそれぞれ2.2%と3.2%)。 2段落, 237文字

IlluminaMerck KGaAなどを加えつつSerImmune社への800万ドル投資を率いました。 2段落, 149文字

クロスオーバークラスター無作為化試験(HeadPoST)の結果、急性脳卒中治療を患者の体が完全に水平な仰向けの状態で施した場合と頭部が30度以上上がるように上体を起こした状態で施した場合の90日間の身体障害の程度や死亡率に有意差はありませんでした。 2段落, 192文字

Novo Nordisk(ノボ ノルディスク)のGLP-1薬Victoza(liraglutide)で2型糖尿病患者の心血管転帰リスクが下がることが第3相試験(LEADER)で立証されたと同試験結果表示承認申請の米国FDA諮問委員会が判断しました。 2段落, 148文字

腫瘍のとりまきの免疫抑制を標的とするチェックポイント阻害剤を開発する新会社iOncturaがMerck KGaAからスピンアウトして設立されました。 2段落, 197文字

フランスの非営利組織・Genethonが開発しているデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の短縮ジストロフィン(micro-dystrophin)遺伝子治療の開発に加わる選択権利をSarepta Therapeuticsが得る合意が発表されました。 3段落, 235文字

線維化を誘発しない生体適合カプセルAfibromerで包んだ細胞の移植による重病治療開発会社Sigilon TherapeuticsがFlagship Pioneeringからの2350万ドルの投資獲得とともに発足しました。 3段落, 331文字

Novartisの製薬事業を率いていたDavid Epstein氏が投資会社Flagship Pioneeringから出向いて会長職を務め、Pfizer出身のTorben Straight Nissen氏が社長をしているRubius Therapeutics社が1億2000万ドルを調達しました。 2段落, 242文字

異常なIgG反応を発生させる経路の首謀因子・新生児型Fc受容体(FcRn)とIgGの相互作用を阻害して自己免疫疾患を治療しうる抗体SYNT001の開発資金5000万ドルをSyntimmuneが調達しました。 4段落, 419文字

膠芽腫と新たに診断された患者への樹状細胞ワクチンICT-107の第3相試験を済ませるのに必要な資金調達が不可能なので、その試験での患者割り付けを中止するとImmunoCellular Therapeuticsが発表しました。 2段落, 146文字

アンフェタミンをすぐに放出するビーズ1種類と遅れて放出するビーズ2種類でできたADHD(注意欠如・多動症)治療カプセル剤・MYDAYISが米国FDAに承認されたとShireが発表しました。 3段落, 184文字

5年後の2022年までの製薬業界の動向を予想したEvaluatePharma報告によると、価値が大きい順に上から20位までの最終開発段階(第3相試験または承認申請済み)製品一覧にAbbVieのものが最も多く4つ含まれています。 10段落, 783文字

12か月間のクラスター無作為化試験の結果、低収入の出産後女性(81.6%はヒスパニック)へのインターネットを利用した介入(毎週の講義、日記、教育ビデオ、アドバイス、メッセージ、月1回の面会)で体重が有意により減少しました。 3段落, 290文字

米国を代表するデータを調べたところ、妥当量上限(70歳までは600 IU/70歳以上は800 IU/日)や許容量上限(4,000 IU)を超えるビタミンD補給成人の割合の上昇が認められました。 3段落, 232文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。

リンク