Nektar 依存へと通じうる陶酔のないオピオイド刺激薬の腰痛Ph3試験目標達成
 ・ 誤解を訂正しました(μオピオイド遮断薬→μオピオイド刺激薬)
CymaBay社 原発性胆汁性胆管炎Ph2試験の良好な途中結果を報告
 ・ 誤記を訂正しました(原発性性→原発性)
グルタチオンペルオキシダーゼ模倣薬が騒音による聴覚閾値上昇を抑制/Ph2試験
 ・ 関連ニュースを追加しました。

日本発のライセンス[投稿日]2009-02-03

  • <<回答受付終了>>
  • [回答数] 1
  • [質問者] Lee さん
昨年10月にEvec社がBIへヒト抗体をライセンスしたニュースが発表されましたが、この様な「日本オリジンの新薬シーズ」が多国籍企業にライセンスされた過去の記事を調べたいと思いますが。BioTodayの記事でどの様に検索をかければ的確ヒットするのかご指導いただけますか?或いはそういう主旨で纏められたレポートがあればご教示ください。
下記は、この質問「日本発のライセンス」に寄せられた回答の一覧です。
  • Evec社と協和発酵
  • 回答者:清宮 さん
  • (2009-02-03 14:56)
「日本オリジンの新薬シーズ」が多国籍企業(またはビッグファーマ)にある程度大規模にライセンスされたニュースを扱っているBioToday上の記事としてすぐに思い浮かぶのは言及されているEvec社からBI社へのライセンスのニュースと協和発酵からAmgen社への抗体のライセンスのニュースです。

日本のEvec社の抗体プログラムをBoehringer Ingelheim社がライセンス
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=29598

Amgen社 抗CCR4ケモカイン受容体抗体を協和発酵からライセンス
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=25504

BioTodayの的確な検索方法については把握していませんが、記事カテゴリの「対外交渉」の部分を個別に見ていくことはもしかしたら参考になるかもしれません(ただし非常に時間がかかって現実的とはいえないかもしれません)。

対外交渉
http://www.biotoday.com/category.cfm?c1=1&c2=2

日本のシーズの多国籍企業へのライセンスに関する事例のその他のニュースやそれらについてまとめたレポートをご存知の方がおりましたら回答いただけると幸いです。
  • 回答に対する質問者のコメント
  • (2009-02-03 14:56)
迅速なるご回答ありがとうございます。
若干言葉足らずの質問で申し訳なかったと思う点は、日本オリジンの技術の定義ですが、既に企業として確立されたメーカーからではなく、「バイオベンチャーかアカデミアから発進された新規シーズあるいはテクノロジーが世界商品になり得る潜在的な可能性がどれくらい日本という土壌にあるのか」という点を調べてみたいと思っております。
会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

リンク