Oxolife社の着床促進経口薬OXO-001のPh2試験で受精胚移植女性の妊娠率が向上
 ・ 参考文献を追加しました。
冷えた線虫の記憶が延長〜”忘却スイッチ”ジアシルグリセロールの減少のおかげ
 ・ 表現を訂正しました(線虫を本来なら引き付ける→線虫を本来引き付ける)
【増補版】年2回注射でHIV感染知らず
 ・ Gilead Sciences社のホームページのニュースへのリンクを追加しました。情報がより豊富です。

CAR-T投与後の血液の二次癌発生は稀で、どうやらCAR-T自体が原因ではない

Free!
2024-06-13 | コメント

スタンフォード大学でのキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)投与患者724人の血液の二次癌の発生率は6.5%でした。

724人の経過中央値15か月間に14の血液癌が発生し、そのうち13は骨髄異形成症候群(MDS)か急性骨髄性白血病(AML)と関連し、T細胞リンパ腫は1例のみでした。

そのT細胞リンパ腫はCAR-Tを起源とするのではなくCAR-T治療で生じた免疫抑制をどうやら原因とするようです。

多発性骨髄腫のCAR-T治療後にT細胞リンパ腫を生じた患者の解析結果を記した別の報告ではそのT細胞リンパ腫発生を促したらしい幾つもの遺伝配列変化が同定されています。T細胞リンパ腫にはCARベクター挿入がありましたが、その挿入先の遺伝子SSU72のmRNA発現への影響は認められませんでした。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。