線虫のドーパミン分泌神経が老化で損なわれるのをオキアミ油が防いだ
 ・ タイトルのタイプミスを訂正しました(損なわれるを→損なわれるのを)
Sanofiの経口薬acoziborole一回きり投与でほぼ全員のトリパノソーマ感染症治癒
 ・ acoziboroleがSanofiの薬であることがわかるようにし、欧州への申請や世界保健機関(WHO)への寄付などを追記しました。Sanofiからのニュースへのリンクも追加しました。
Novartisの経口PNH薬iptacopanは皮下注入Empaveliにおそらく少なくとも比肩
 ・ 4段落目の誤記を訂正しました(静注→皮下注入)

サル痘患者2人に脳脊髄炎が発生〜サル痘ウイルス感染で神経の合併症が生じうる

Free!
2022-09-18 | コメント

サル痘ウイルス感染で神経の合併症が生じうるらしく、米国のサル痘患者2人が脳や脊髄の炎症・脳脊髄炎をこの夏に発症しました。

2人のうちの1人はコロラド州のゲイ男性で、発熱や発疹の発生から9日後に左腕や脚の脱力やしびれ、尿閉、断続的な持続勃起を呈して入院しました。神経症状を呈してから男性にはTPOXX(tecovirimat)が投与されました。左脚の脱力は1か月超続き、歩行補助具を必要としました。

ワシントンDCのもう1人のゲイ男性患者はサル痘症状が始まってから5日後に便や尿の失禁を生じるようになり、両脚が脱力して入院しました。男性の容態は悪化し、挿管されて集中治療室(ICU)に移りました。男性はTPOXX治療され、その後抗体薬rituximab(リツキシマブ)も投与されました。5週間後に退院してリハビリを受け、1人目の患者と同様に歩くのには補助具を要しています。

2人の神経病態がウイルスが中枢神経系(CNS)に入り込んで直接手を下したことが原因なのかそれともウイルス感染に伴う自己免疫反応が原因なのかは分かっていません。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。