中枢神経系遺伝子治療のTaysha社が従業員約35%を削減して開発品2つに専念する
 ・ レット症候群の遺伝子治療の開発名の間違いを訂正しました(TSHA-120→TSHA-102)
Humiraの複製品が米国で今週火曜日にいよいよお目見えする
 ・ Humiraの売り上げの年を”去年”→”一昨年2021年”に訂正しました。
膠芽腫治療に伴うリンパ球減少をタダラフィル等の抑制性細胞阻害剤で防ぎうる
 ・ タイトルを修正しました。
101667件の記事が見つかりました。
101667 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

GSKのB群髄膜炎菌(MenB)ワクチン4CMenB(Bexsero)を2015年から購入できるようになったスペインで、同ワクチン2回接種が5歳未満の小児の侵襲性髄膜炎菌感染症の76%を防ぎました。 3段落, 281文字

脳死した臓器提供者から取り出した腎臓を潅流した方が臓器提供者を冷やすだけに比べて移植後の腎機能遅延(delayed graft function)が少なくて済みました。 3段落, 169文字

Kras変異肺癌の市場は先立つ予想よりずいぶんと小ぶりらしいことが去年の4QのAmgenの肺癌薬Lumakras(ルマクラス;sotorasib、ソトラシブ)の売り上げでもまたしても示されました。 2段落, 197文字

アステラス製薬が気に入れば手に入れうる巨大軸索ニューロパチー(GAN)遺伝子治療TSHA-120の第2相試験後の話し合いで米国FDAがプラセボ対照試験での更なる投与が承認申請前に必要とTaysha Gene Therapies社に通知しました。 3段落, 243文字

GSKがSitari Pharmaceuticals社買収で手中に収めたトランスグルタミナーゼ2(TG2)阻害剤GSK3915393が研究段階に後戻りし、第1相試験段階だった同剤によるセリアック病治療の開発が中止されます。 3段落, 245文字

末梢性脊椎関節炎(pSpA)へのNovartisのIL-17A阻害剤Cosentyx(コセンティクス;Secukinumab、セクキヌマブ)の第3相試験が被験者組み入れに至ることなく取り下げられました7段落, 898文字

KKRをかつて率いていたJim Momtazee氏が2020年に立ち上げた医療(ヘルスケア)投資会社・Patient Square Capitalが初めての募集を締め切り、医療専門ファンドとしてはこれまでで最大の39億ドルもの投資原資を確保しました。 2段落, 306文字

2021年に慢性特発性蕁麻疹(CSU)の第3相試験で成功を手にできなかった抗IgE抗体ligelizumab (リゲリズマブ) の別の蕁麻疹Ph3試験をNovartisが中止しました。 4段落, 272文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。