ダウン症の神経前駆細胞の不調が抗老化薬ダサチニブとケルセチンで緩和
 ・ タイプミスを訂正しました(大目に見て→大目に見ても)
COVID-19流行に伴って英国イングランド小児のその他の感染症入院が激減
 ・ 去年3月から→一昨年2020年3月から に訂正しました。
ワクチン非接種妊婦の新型コロナウイルス感染は死産等の一大事をとりわけ招く
 ・ 誤解を訂正しました。”およそ26,000人”→”およそ2万人(接種数は約26,000回)”
98352件の記事が見つかりました。
98352 件のうち 1 〜 20 件を表示しています。 [次の20件]

UCB社の抗IL-17A/17F二重特異性抗体bimekizumab(ビメキズマブ)は米国FDAの承認審査が長引いている間も休まず第3相試験で着々と成績を残しており、乾癬性関節炎の第3相試験BE COMPLETEが去年11月発表の第3相試験BE OPTIMALと同様に主要目標を達成しました。 3段落, 217文字

Evaluateによると去年2021年に米国FDAはその前年2020年やその前々年2019年より多く、ここ10年の平均48も上回る58の新薬を承認しました。 3段落, 320文字

肝臓のグルコース-6-脱リン酸酵素(G6Pase)欠損のせいでグリコーゲンを糖に分解できなくなって生じる低血糖を特徴とする難病・糖原病Ia型(GSDIa)へのUltragenyx Pharmaceuticals社の遺伝子治療DTX401のプラセボ対照第3相試験(GlucoGene)が今週火曜日18日に最初の投与に漕ぎ着けました。 4段落, 331文字

米国FDAの取り急ぎの承認(accelerated approval)の扱いの変更をその長年の擁護者である同局の癌分野審査部門長Rick Pazdur氏が提案しています。 2段落, 149文字

非入院の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者にGilead SciencesのVeklury(ベクルリー;Remdesivir、レムデシビル)を使うことを米国FDAが承認(approval)しました。 4段落, 298文字

テスラやスペースXのイーロン マスク(Elon Musk)氏が設立したNeuralink社がClinical Trial Directorを募集しており、脊髄損傷などで四肢麻痺の人の自由を取り戻しうる同社の脳移植無線通信装置は臨床試験段階にかなり近づいているようです。 2段落, 201文字

Alnylam社のアミロイド症薬新旧2つの比較第3相試験HELIOS-Aの18か月時点結果が報告され、9か月時点の結果発表と同様に新しい方・vutrisiran (ブトリシラン) がよその第3相試験APOLLOのプラセボ群に勝ったことが大半を占め、直接の対戦相手である古い方ONPATTRO(オンパトロ;patisiran、パチシラン)とのHELIOS-A試験内での有効性比較結果は血清トランスサイレチン(TTR)濃度低下が劣らなかったことのみ明かされました。 3段落, 364文字

抗原提示細胞で発現するCD40を活性化するSeagen社の抗体SEA-CD40とKeytruda(pembrolizumab)、Abraxane(nab-paclitaxel)、ゲムシタビン(gemcitabine)の併用による膵管腺癌(PDAC)初治療第1相試験で61人中44%が奏効に至っています。 5段落, 361文字

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。