安価なHEPAフィルターがCOVID-19病棟の空気中の新型コロナウイルスを除去
 ・ HEPAフィルターのスイッチを入れたのが2週目以降である旨第2段落を訂正しました。
フルオキセチン等のセロトニン枯渇薬でPD-1阻害剤の癌治療効果を高めうる
 ・ 関連ニュースを追加しました。
GSKが大金を払っているMerck KGaAのTGFβ×PD-L1標的抗癌剤の試験がまた失敗
 ・ 誤解を訂正しました(3億ドル→3億ユーロ)

pHOXBIO社の点鼻薬で新型コロナウイルス感染がプラセボより63%減った

Free!
2021-09-23 | コメント

デルタ変異株感染が絶頂の今年4-7月のインドで実施されたPh2/3試験でpHOXBIO社の点鼻薬pHOXWELL投与群の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染がプラセボ群より63%少なくて済みました(p=<0.0001)。

試験は感染の恐れが大きい医療従事者を募って実施され、pHOXWELL点鼻投与群のSARS-CoV-2感染率は13%であり、プラセボ群の感染率35%の1/3ほどで済みました。

pHOXWELLは簡単に作れて安上がりであり、室温で長い間大丈夫であり、世界の隅々に届けることができます。

点鼻ワクチンの開発も着々と進んでおり、Codagenix社の点鼻SARS-CoV-2ワクチンCOVI-VACは第1相試験で安全性と免疫原性が確認され、第2/3相試験段階に進みます。

この記事のカテゴリ
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。