NLRP3阻害剤が脳での働きにより肥満を解消しうる
 ・ NT-0249とNT-0796の脳での働きが肥満解消効果に必要らしいとの記載を追加しました。
Eicos社の凍傷治療薬Aurlumyn(iloprost)を米国FDAが承認
 ・ PRESCRIBING INFORMATIONのリンクを追加しました。
患者の腫瘍組織から作るIovance社の黒色腫治療T細胞製品Amtagviを米国が承認
 ・ 定価と進行中のPh3試験について追記しました。

トポイソメラーゼIIαは社交性を育む経路の要らしい

Free!
2022-11-27 | コメント

ゼブラフィッシュの胚を薬に浸し、後の振る舞いとの関連を調べたところフルオロキノロン抗生物質が社交性を害するとわかり、それがトポイソメラーゼIIα(Top2a)阻害に起因することが裏付けられました。

出生前マウスのTop2を阻害すると自閉症を特徴付ける社交性や意思疎通の欠陥を引き起こしました。

Top2aで調節される遺伝子一揃いと自閉症と関連する遺伝子一揃いはどちらもヒストンH3K27トリメチル化を担うPRC2複合体の結合領域を有し、胚発達期にTop2阻害剤と共に過ごした幼いゼブラフィッシュの社交性検査での振る舞いがPRC2の一員Ezh2の阻害剤UNC1999でまっとうになりました。

Top2aはPRC2とH3K27me3を介した遺伝子抑制を防ぐ役割を担っているようです。

ヒトが出生前にTop2阻害化合物を被ることと自閉症リスクの関連を今後の疫学試験や毒性研究で調べる必要があると著者は言っています。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。