世界初のタバコ禁止法律をニュージーランドが撤回
 ・ 誤解を訂正しました(28日ではなく27日に無効になる旨修正しました)。
1か月以上続くコロナ感染は驚くほど多い
 ・ 2か月以上の持続感染の人の割合の誤解を訂正しました(千人に1〜2人→千人に1〜5人)。
NLRP3阻害剤が脳での働きにより肥満を解消しうる
 ・ NT-0249とNT-0796の脳での働きが肥満解消効果に必要らしいとの記載を追加しました。

大麻成分CBDが阻止する脂質・LPIは海馬の抑制性神経伝達を弱めもする

Free!
2023-02-14 | コメント

Gタンパク質共役受容体(GPCR)・GPR55を活性化する脂質・リゾホスファチジルイノシトール(LPI)が海馬神経の興奮性神経伝達物質・グルタミン酸放出を促すのみならずGABA受容体などを減らして抑制性神経伝達を弱めもし、GPR55を遮断する大麻成分カンナビジオール(CBD)はLPIの興奮性と抑制性のどちらへの作用も打ち消すことが示されました。

GPR55を省くとLPIの興奮性と抑制性のどちらへの作用も認められず、発作誘発でGPR55とLPIは増えました。

CBDはLPIのシナプスへの作用を阻止して神経の過剰興奮を抑えることで発作を生じ難くするようです。

関連ニュース
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。