ヒト細胞でできた小さなロボットが神経損傷を修復
 ・ アンスロボット(anthrobot)の名前の由来を訂正しました〔おそらくanthropos(人類)に因んで、、、→人類(anthropos)起源で生物ロボット(biorobotics)として活用しうることから、、、〕
膀胱癌のMerckのKeytruda+アステラス/SeagenのPadcev初治療を米国が優先審査
 ・ 審査期間を短く追記しました。
リモートでなく仲間が直接会うチームが頭一つ抜けた画期的発見をより生み出す
 ・ 表現を訂正しました(今や共同研究に地理的制約はなく、、、→研究チームを作るのに今や地理的制約はなく、、、)

どれだけ眠るかは起きている時間によってのみ決まるのではない

Free!
2023-08-18 | コメント

睡眠を司る脳領域・前脳基底部の星状細胞(アストロサイト)を活性化したマウスは寝ずに長時間起きていることができ、しかも寝不足を補うべく生じると予想されたその後の眠気亢進(睡眠時間延長やより深い睡眠)は意外にも認められませんでした。

どれだけ眠るかに神経以外の細胞も関与していることを今回の結果は示唆しています。また、どれだけ眠るかは起きている時間によってのみ決まるのでもないようです。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。