ヒト細胞でできた小さなロボットが神経損傷を修復
 ・ アンスロボット(anthrobot)の名前の由来を訂正しました〔おそらくanthropos(人類)に因んで、、、→人類(anthropos)起源で生物ロボット(biorobotics)として活用しうることから、、、〕
膀胱癌のMerckのKeytruda+アステラス/SeagenのPadcev初治療を米国が優先審査
 ・ 審査期間を短く追記しました。
リモートでなく仲間が直接会うチームが頭一つ抜けた画期的発見をより生み出す
 ・ 表現を訂正しました(今や共同研究に地理的制約はなく、、、→研究チームを作るのに今や地理的制約はなく、、、)

【増補版】バラやオレンジなどの芳香と共に眠ることと記憶の改善が関連

Free!
2023-08-19 | コメント

香りで嗅覚を刺激することで頭の働きがよくなることが先立つ試験で示されています。パーキンソン病患者70例が参加した試験では数種の香りを毎日しばし嗅ぐことで言語の流暢さが改善しました(1)。50〜84歳の成人91例の試験ではエッセンシャルオイル4種を毎日2回嗅ぐことで言語機能が改善し、うつ症状も緩和しました(2)。認知機能低下の恐れがある高齢成人68例を募った試験では9つの香りを嗅ぐことと認知症症状の抑制の関連が示されています(3)。

認知症をすでに発症した患者の香りを豊かにすることも有益なようです。認知症成人65例が参加した試験の結果、40種類の香りに毎日2回接することで記憶、うつ症状、注意、言語機能などが改善しました(4)。

早速実践に移せればよいですが、認知症の患者が平素に40種類の香りを毎日2回嗅ぐのはおそらく容易ではありません。認知症患者が40種類のボトルを毎日2回、すなわち80回も手にとって開け閉めして嗅ぐことはおよそ非現実的ですし、認知症でなくとも手に負えるものではなさそうです。

そのような込み入った手段だと長続きしません。普段の生活の中で続けてもらうにはできるだけ容易な手段にする必要があります。

そこで考え出されたのがよい香りと共に眠るというおよそ苦もなく実践できそうな手段です。香りの種類もせいぜい数種類に限定しました。それらの香りを1つずつ順繰りに毎晩寝るときに部屋に漂わせる効果を少人数の試験で検討したところ願ったりかなったりの結果が得られました。

試験には記憶が損なわれていない60〜85歳の男女43例が参加し、よい香りと共に眠る群とそうでない対照群に無作為に振り分けられました。

よい香りと共に眠る群の20例は芳香油を2時間拡散させて眠ることを毎晩繰り返しました。同様の日課を対照群の23人は実質的に香りがしない蒸留水を使って繰り返しました。芳香は7種類で、バラ、オレンジ、ユーカリ、レモン、ペパーミント、ローズマリー、ラベンダーの芳香油が1つずつ毎晩順繰りに使われました。

半年をそうして過ごしたところ、よい香りと共に眠る群では言語の学習や記憶の検査であるRey Auditory Verbal Learning Test(RAVLT)成績が向上しました(5)。対照群のRAVLT成績は逆に悪化しました。

また、老化やアルツハイマー病で支障をきたす脳領域である鉤状束の機能の改善が画像検査で示されました。

香りを豊かにすることは脳の調子を改善する効果的で手軽な方法となりうるようであり、より大人数の試験でその効果の検討が進むことを著者は望んでいます。

どうやら香りの効果は多岐にわたり、高齢者や認知機能に限ったものではなさそうです。最近発表された試験結果ではペパーミント油の香りが心臓手術後の患者の痛みを和らげ、睡眠の質を改善したことが示されています(6)。ペパーミント油の主成分であるカルボン、リモネン、メンソールが痛み緩和効果の多くを担うようであり、ペパーミントの香りを漂わせるアロマセラピーを手術後に施すことを著者は勧めています。

さかのぼること20年ほど前に発表された試験結果では早産児の無呼吸を減らすバニラの香り(バニリン)の効果が認められています(7)。

参考
(1) Olfactory Training in Patients with Parkinson's Disease. PLoS ONE. April 17, 2013
(2) Olfactory training with older people. Int. J. Geriatr. Psychiatry.
(3) Beyond olfaction: beneficial effects of olfactory training extend to aging-related cognitive decline. Behav. Neurosci.
(4) Effect of intensive olfactory training for cognitive function in patients with dementia. Geriatr. Gerontol. Int. 08 November 2021
(5) Overnight olfactory enrichment using an odorant diffuser improves memory and modifies the uncinate fasciculus in older adults. Front. Neurosci., 24 July 2023
(6) Pain and sleep after open-heart surgery−inhalation peppermint essence: double-blind randomized clinical trial. BMJ Supportive & Palliative Care.
(7) Olfactory stimulation prevents apnea in premature newborns. Pediatrics. 2005 Jan.

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。