NLRP3阻害剤が脳での働きにより肥満を解消しうる
 ・ NT-0249とNT-0796の脳での働きが肥満解消効果に必要らしいとの記載を追加しました。
Eicos社の凍傷治療薬Aurlumyn(iloprost)を米国FDAが承認
 ・ PRESCRIBING INFORMATIONのリンクを追加しました。
患者の腫瘍組織から作るIovance社の黒色腫治療T細胞製品Amtagviを米国が承認
 ・ 定価と進行中のPh3試験について追記しました。

米国小児の睡眠補助成分メラトニン使用がかなり増えているらしい

Free!
2023-11-27 | コメント

処方無しで買える睡眠補助成分メラトニンを使う米国小児がかなり増えているようです。

19歳以下の子が先立つ30日間にメラトニンを使ったと答えた親の割合は2017-2018年の調査では1.3%でした。その割合は就学前の小児と就学年齢の小児に区切った解析でも殆ど同じで、2-5歳、6-11歳、12-19歳の子の先立つ30日間のメラトニン使用率はそれぞれ1.4%、1.3%、1.5%でした。

新たに発表されたのは今年2023年1月から4月に得た情報の検討結果です。14歳未満の子993人の親からの回答が解析され、就学以降(5-9歳と10-13歳)の小児は実に5人に1人ほどの約19%が先立つ30日間にメラトニンを使ったことがありました。就学前の小児のその割合は5.6%でした。

メラトニンの使用間隔は主に2通りで、もっぱら1週間に1回か毎日使うかのどちらかでした。

今年4月に発表された別の報告によるとメラトニン製品の表示は鵜呑みにはできないようです。調べた25製品の殆ど(22製品)のメラトニン含有量は表示とは異なっていることが多く、例えばSleep Supportという商品からメラトニンは検出されず、方やSleep Plus Immuneには表示を3.5倍ほども上回るメラトニンが含まれていました。

関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。