Oxolife社の着床促進経口薬OXO-001のPh2試験で受精胚移植女性の妊娠率が向上
 ・ 参考文献を追加しました。
冷えた線虫の記憶が延長〜”忘却スイッチ”ジアシルグリセロールの減少のおかげ
 ・ 表現を訂正しました(線虫を本来なら引き付ける→線虫を本来引き付ける)
【増補版】年2回注射でHIV感染知らず
 ・ Gilead Sciences社のホームページのニュースへのリンクを追加しました。情報がより豊富です。

Vertex社の島細胞の素充填薬VX-880が脱インスリン投与の可能性を引き続き示す

Free!
2024-06-23 | コメント

幹細胞から作るVertex Pharmaceuticals社の膵島細胞の素充填薬VX-880一回きり投与が1型糖尿病(T1D)患者のインスリン投与を不要にしうる可能性をPh1/2試験で引き続き示しています。

試験にはT1D患者17人が組み入れられています。そのうち14人にVX-880がすでに投与されています。それら14人は投与前の時点で生来のインスリン分泌の指標であるCペプチドが空腹時に検出できませんでした。12人には目一杯の用量(full dose)が一回きり投与されました。

目一杯の用量が投与されたそれら12人全員に膵島細胞定着が認められ、投与後90日までに糖に応じたインスリン生成が確認されています。最終観察時点で12人全員のHbA1cは目標の7%未満に落ち着いており、常時測定の糖濃度は70%を超える間目標範囲にありました。

少なくとも1年間が経過した3人は投与前に被っていた重度の低血糖事態なしで90日目以降を過ごせており、インスリンに頼ることなくHbA1c 7%未満を達成しています。

VX-880は肝門静脈(肝門脈)に投与されます。VX-880で備わった島細胞が免疫に排除されずに居続けられるように免疫抑制治療を同剤投与後に続ける必要があります。

この記事のカテゴリ
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。