Oxolife社の着床促進経口薬OXO-001のPh2試験で受精胚移植女性の妊娠率が向上
 ・ 参考文献を追加しました。
冷えた線虫の記憶が延長〜”忘却スイッチ”ジアシルグリセロールの減少のおかげ
 ・ 表現を訂正しました(線虫を本来なら引き付ける→線虫を本来引き付ける)
【増補版】年2回注射でHIV感染知らず
 ・ Gilead Sciences社のホームページのニュースへのリンクを追加しました。情報がより豊富です。

場違いな骨形成疾患FOPの治療薬のPh2/3試験資金4千万ドルをashibio社が調達

Free!
2024-06-21 | コメント

Gilead Sciences社を古巣とするPankaj Bhargava氏が指揮するashibio社がGilead社からの貰い物の開発資金4000万ドル調達を引っ提げて表舞台に立ちました。

ashibio社の舵取りCEOを務めるBhargava氏はかつてGilead社の癌分野事業を率いていました。

ashibio社は調達資金を使って基質メタロプロテイナーゼ9(MMP-9)阻害剤抗体andecaliximab(アンデカリキシマブ)による進行性骨化性線維異形成症(FOP)治療の臨床開発を進めます。

ashibio社はandecaliximabをGileadから手に入れました。ashibio社は今年の後半にFOP患者への同剤のPh2/3試験を開始します。

FOP変異を有するのに異所性骨化(HO)がみられず、ほぼ正常に動ける患者を記した今春2月のJournal of Bone and Mineral Research誌掲載報告に基づいてashibio社はandecaliximabによるFOP治療を開発しています。調査の結果その35歳の患者はFOP変異に加えてMMP-9変異を有しており、そのおかげで異常な骨形成を生じずに済んでいるようです。続いてマウスを使ってMMP-9遺伝子を省くことやMMP-9の阻害剤ミノサイクリン(Minocycline)の効果を調べたところ、FOPやその他のHOをMMP-9狙いで治療しうることが確認されました。

この記事のカテゴリ
関連ニュース

該当するデータが見つかりませんでした。

この記事に対するコメントをお寄せ下さい

[この記事に対してコメントするには会員登録が必要です]

下記のフォームより、有料会員または無料メール会員のいずれかに登録してください。

[会員登録がお済みの方はログインしてください]

コメント一覧

この記事についてのコメントは、まだ投稿されていません。

会員様ログイン
メール会員(無料)募集中

メール会員登録(無料)をされますと、BioTodayに登録された記事を毎日メールでお知らせします。また、メール会員登録されますと、毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

メール配信を希望される方は、以下の欄にメールアドレスを入力下さい。

◇メール会員登録までの流れ

  1. メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレスに自動生成されたパスワードが届けられる

後は、自動生成されたパスワードと登録したメールアドレスでログインすると毎週月曜からの一週間あたり2つの記事の全文閲覧が可能になります。

質問検索
BioToday 非会員の方へ

質問を投稿して頂くには、メール会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方へ

質問を投稿して頂くには、ログインが必要です。
下記のリンクからログインしてください。

My Book

バイオを応用して開発中の新薬を紹介した本です。2001年10月に出版したものです。Amgen社のEPOGEN誕生の経緯やグリベック誕生までの道のりなど、現在販売されているバイオ医薬品の歴史について知りたい方には役に立つのではないかと思います。